スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーヤの本質-3


師:無始なる終わりのない、束縛されず、不ニの常に

自由な純粋で気づいており、ただ一つの比類のない至福

‐知のみが存在します。

弟子:そうであるなら、雨季の雲のかたまりのように、

この力強く巨大なサンサーラという幻が、どのように

私を深い暗闇で覆っているのか教えてください。

師:この幻(マーヤー)の力について何が言えるのですか。

郵便受けを人と間違うこともように、あなたは不ニで完全な

自らを個人と間違えています。惑わされているため、貴方は

みじめです。しかし、どのように幻は生じますか。

眠っている時の夢のように、虚偽のサンサーラは、それ自体が

非現実である無知の幻の中に現れます。それゆえ、あなたの

思い違いです。

弟子:無知とは何ですか。

師:聞きなさい。体の内に「幻影の私なる自惚れ」が生じ、

体をそれ自身だと主張します。それはジーヴァ(個我)と

呼ばれ、いつも外へ向く傾向を持ち、この世界を現実と

みなし、彼自身を行為者であり、苦楽の経験者とみなし、

あれこれを欲しがり、見分けることなく、一度も彼自身の

本質を思い出すこともなく、「私は誰か。この世界とは

何か」と探求もせず、彼自身を知らずにサンサーラの中を

さ迷っています。そのような自らの忘却が無知です。

弟子:すべてのシャーストラ(聖典)は、サンサーラが

マーヤーの仕業だと言明しますが、あなたはそれが無知に

よると言います。この2つの言明はどのように調和される

のですか。

師:無知は、マーヤー、プラダーナ(文字通りの意味は

前に置かれたもので、世界の元になるもの物質的原因、

アヴヤクタ、アヴィドヤー、自然の摂理、暗闇などの

ように様々な名前で呼ばれています。それゆえ、サン

サーラは、無知の結果でしかありません。

弟子:無知は、どのようにサンサーラを投影するのですか。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表:日浦祐次

Author:代表:日浦祐次
職業・建築家
東京都西新宿在住
事務局担当:長野匡也

身体内に閉じ込められて、
無数の条件付けに束縛された
人間としての私たちを

本当の自由へ導くための真理が
多くの偽り情報に覆われ、
真実は覆い隠されているのだと
聖典類に書かれてあります。
それゆえ、この世界は、マジック
ショーなのだと言うのです。

無数の束縛と無知という覆いを
取り去った裸の真理は、
求める人達に正しく提供される
べきであり、その目標へ到達する
正しい知識と方法を伝えることが
求められているという思いから、

「サハスラーラ新宿」
瞑想スクールを始めました。
http://sinnjyuku-saharsra.jimdo.com/

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
437位
アクセスランキングを見る>>
スピリチュアル
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。