FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーヤの本質-12


師:どのように、分割されず、汚されない空が青く見えるか

ご覧なさい。ラヴァナ王が低いカーストのみじめな人として

生活したと同様に至高の自らも常に純粋であるにも関わらず、

マーヤーによって自我を帯びさせられ、個人としてまかり通る

ようになっています。

弟子:至高の自らが、心の私という形態との結合により、

幻のジーヴァとなるなら、彼はただ1人のジーヴァとして

現れるはずです。しかし、多くのジーヴァが存在します。

どうして唯一の現実が無数のジーヴァとして現われ得る

のですか。

師:1人のジーヴァの幻が、純粋な至高の自らの中で

活動するようになるとすぐに、純粋な知の虚空の中に

他の幻のジーヴァを自然と生じさせます。

鏡で囲まれた部屋に犬が入るなら、初めに1つの鏡の

中に1つの反射を生じさせ、連続した反射により無数

になり、気がつくと犬は大変多くの他の犬に囲まれて

おり、唸り、闘志を示します。不ニの純粋な意識の

虚空である自らもその通りです。

1人のジーヴァの幻は、否応なく複数のジーヴァの

幻と関係しています。また、あなた、私、彼などと

して世界を見る習慣は、夢見る人の夢の中に同様の

幻の存在を余儀なく見させます。同様に過去の生の

蓄積した習慣は、純粋な知の虚空のみである自らに

無数の幻のジーヴァを今でさえ見させます。

それ自体不可解であるマーヤーの範囲をこえて何が

存在できますか。今やこれが済んだので、どのように

体や星々が創造されたか聞きなさい。

至高の自らがマーヤーの「私」という形態により、

「私」と表わされるように、自らは「これ」という形態よって、

そのすべての内容物を伴う世界として表されます。

弟子:どのようにですか。

師:多様性の力が「これ」という形態で、その性質は

「これ」や「あれ」を想像することです。

意識の虚空の中で、それは「これ」や「あれ」として

何百万の潜在性を想像します。それらの潜在性にかき

立てられ、ジーヴァは意識の虚空そのものであるにも

関わらず、個々の体、外界、多様なものとして現れます。

弟子:どのようにですか。
続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表:日浦祐次

Author:代表:日浦祐次
職業・建築家
東京都西新宿在住
事務局担当:長野匡也

身体内に閉じ込められて、
無数の条件付けに束縛された
人間としての私たちを

本当の自由へ導くための真理が
多くの偽り情報に覆われ、
真実は覆い隠されているのだと
聖典類に書かれてあります。
それゆえ、この世界は、マジック
ショーなのだと言うのです。

無数の束縛と無知という覆いを
取り去った裸の真理は、
求める人達に正しく提供される
べきであり、その目標へ到達する
正しい知識と方法を伝えることが
求められているという思いから、

「サハスラーラ新宿」
瞑想スクールを始めました。
http://sinnjyuku-saharsra.jimdo.com/

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2047位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
359位
アクセスランキングを見る>>
スピリチュアル
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。