FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真理の川ー3

この摩訶不思議な家には、沢山の不思議が起ります。
夏の暑い日は、エアコンを掛けるのが常識ですが、
エアコンが嫌いな人は、意外と多くいるのです。

例えば、外気温が高くなれば、摩訶不思議な家のでは
自然に涼しくなるのです。というか、やはり床下が湿度を
制御するので、皮膚から伝達される暑さの主要な要因で
ある温熱水蒸気が消えてなくなるからです。

冬の寒さも同じことで、寒さと言う外気エネルギーは、
家の中を温かくすることに使えるのです。もちろんエア
コンも暖房機も使わずに。

人の多くは、高断熱の家にするからか?と聞きますが、
摩訶不思議な家の断熱は普通程度です。

かつて流行した高断熱の家とは、ただ熱の伝達速度が
遅いというだけのものです。なぜなら地上には断熱材と
言う物質は存在していないのです。だから半日も外気に
さらされたら高断熱も役に立たないだけでなく、室内へ
還流した暑さや寒さのエネルギーを逆に保存してしまう
ので、本当の意味での省エネにならないのです。

摩訶不思議な家の換気システムは、また逆説的です。
建築基準法の換気量は、2時間に1回の容積を吸気と
排気によって入れ替えなさい、というもの。換気すれば
冷暖房の熱は損失するので換気量を少なくするのです。

人体の脳は、大量の酸素を使うので、基準法の換気では
不足しています。摩訶不思議な家では、基準法の5倍から
10倍もの換気を行い、酸素不足を解消しつつ、高断熱の
家よりも大きな省エネを実現しました。

しかし冬の寒い時、基準法の5倍か10倍の外気を導入する、
と言う噂が流れ、南は九州大学、北は北大や室蘭大学の
教授たちは、「過剰換気する愚か者」と非難していました。

この非難は正当性があります。既知の常識から見れば。

床下と他の部位には、2台の大型送風機があり、それが
大風量の外気を取り込み、また大風量の空気を室内から
排気するとき、その風速は数式によって推定できるのです。

しかし人が暑さや寒さを感じないレベルの温熱帯と風速が
あるので、大風量の換気は、無風速で実現しました。
無風速とは、精密な電子流量計を使うと、僅かな風量と
風速を計測できる機器による無風速です。

この不可思議な家は、電子流量計の風速がゼロを示す
だけで、人が風を全く感じないのです。それも家のどこでも
タバコの煙は、垂直に昇るのですから風が無い状態です。
家の中で、禁煙を解除された旦那さんから喜ばれます(笑)
基準法の10倍の換気でも。

これを目撃した先生方は、反論する術もなく、すごすごと
帰っていきます(笑)

基準法の10倍と言う非常識な大風量な換気を無風速度で
実現したのは、世界初です。では、この空間に何が起こる
というのでしょうか。そこには、既知の科学を超えた未踏の
快適性が生まれるのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表:日浦祐次

Author:代表:日浦祐次
職業・建築家
東京都西新宿在住
事務局担当:長野匡也

身体内に閉じ込められて、
無数の条件付けに束縛された
人間としての私たちを

本当の自由へ導くための真理が
多くの偽り情報に覆われ、
真実は覆い隠されているのだと
聖典類に書かれてあります。
それゆえ、この世界は、マジック
ショーなのだと言うのです。

無数の束縛と無知という覆いを
取り去った裸の真理は、
求める人達に正しく提供される
べきであり、その目標へ到達する
正しい知識と方法を伝えることが
求められているという思いから、

「サハスラーラ新宿」
瞑想スクールを始めました。
http://sinnjyuku-saharsra.jimdo.com/

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2047位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
359位
アクセスランキングを見る>>
スピリチュアル
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。