FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

今日の新宿は快晴です。

ヒーリングセミナーのプログラムを作ろうかと思ったものの、

散歩しに出かけました。ぶらりと街を歩いていたら、キリストの

伝道者から声が掛りました。

「あなたは聖書を信じますか?」とイケメンの男性。

このイケメンに勧誘される女性は多いのか?それほどでもないのか?

「なぜ聖書を信じなければならないのですか?」と僕。

「聖書は、神が書かれた真理だからです。」とイケメンは言いました。

「いいえ、聖書は人が書いたものです。」と僕。

ここから先は論争になるので、言葉を控えました。

そして、僕は質問をしました。

「聖書には、イエスキリストが癒しをしたこと、病人を治したことが
書いてありますね。しかし大方のクリスチャンは、なぜヒーリングを
しないのですか?そしてまた、ヒーリングする人をなぜ悪魔付きだ
と断定するのですか?」と。

かつてこのような質問を、僕は何度してきたことでしょう。
彼らクリスチャンの答弁は決まり切っていて、矛盾に満ちた陳腐
なものです。
その陳腐さとは、ヒーリングは、イエスキリストだけが行えるも
のであり、自分達クリスチャンにはできないもの。そしてサタンも
癒しを行うものです。

だから他の人もヒーリングなど出来ないのだ、と思い込んでいる
からです。あるいは信じ込まされているからです。それゆえにヒー
リングする人は、サタンの支配下にあるのだ、と洗脳されている
のです。あるいは、自分の思考を拘束しているのです。

クリスチャンは、ヒーリングに関する二つの概念を持っています。
その一つは、キリスト(神)が行うヒーリング。
もう一つは、サタン(悪魔)が行うヒーリング。
この二つは、クリスチャン以外の誰にとっても正しい概念です。

問題の核心は、そのヒーリングが神のものか、悪魔のものか、
それを判定する知識が与えられていないことです。それを識別
する力が与えられていないのです。牧師も知らないのでしょう。

判定も識別もせず、ただ単にヒーリングするものは悪魔付きだと
断定するのは、極めて愚かなことだと思いませんか?こんな愚か
な考えは、おかしいと中学生でも分かることです。たぶん(笑)

彼らは、「狭き門から入れ」というイエスの言葉の意味を誤解して
いる人達であり、現実には、「狭き門に閉じ込められた人たち」
なのです。狭き門と言う意味は、世俗の知識を捨てよという意味
であり、識別することにより、門は狭きものだという意味を知らない
のです。このような人は、過去世にもキリスト教を信じた人達であり、
その教義を信じるゆえにカルマになっている人達です。
そんな彼らは、また来世に生まれて、また異国の街角に立つ
でしょう。

聖書に準拠していないサハスラーラ新宿のヒーリングセミナー
には、頑迷な彼らクリスチャンはやって来ないでしょう。(´▽`) ホッ

彼らは、識別する力を学んでいないから、自分が信じるものと
異なるものを受けいれること、また理解することはできないという、
カルマの持つ力を知らない人たちです。

これと同じく、シーターヒーリング、レイキヒーリング、真光の
ヒーリングなどを学んだ人たちもまた無知ゆえにカルマに束縛
されている人達であり、サハスラーラのヒーリングセミナーには
来ないでしょう。ε-(´∀`*)ホッ

ヒーリングは、学んだことの無い人に浸透しやすいのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表:日浦祐次

Author:代表:日浦祐次
職業・建築家
東京都西新宿在住
事務局担当:長野匡也

身体内に閉じ込められて、
無数の条件付けに束縛された
人間としての私たちを

本当の自由へ導くための真理が
多くの偽り情報に覆われ、
真実は覆い隠されているのだと
聖典類に書かれてあります。
それゆえ、この世界は、マジック
ショーなのだと言うのです。

無数の束縛と無知という覆いを
取り去った裸の真理は、
求める人達に正しく提供される
べきであり、その目標へ到達する
正しい知識と方法を伝えることが
求められているという思いから、

「サハスラーラ新宿」
瞑想スクールを始めました。
http://sinnjyuku-saharsra.jimdo.com/

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2393位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
387位
アクセスランキングを見る>>
スピリチュアル
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。