FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花のしたで

かつてのリーマンショック事件が起こったその時、

その大波により、僕の会社も大打撃を受けました。

人生最後の事業が、もはや再建する可能性はない

ことを知って、会社をたたむため社員を解雇する。

心の中では、ご免よと泣きながら。

この時、若い彼女と同棲していました。若いって、

女子高生じゃあないよ。

彼女が25歳になったとき、不思議な縁により

出会った不思議の不思議。訳を知るまでは。

そのとき僕は58歳だった。この体験談は、

人が信じ難いほど美しく、また切ないんだ。

涙なしに読めないだろう。

弟子の一人は、ぜひ本にしてください!と言い続ける。

だったらお前が書いて、お前が印税を受け取ればいい。

といって、書くことをしない僕。

これは、おじさんが語るイージーなラブストーリでは

ありません。この日浦が幾多の死線を潜り抜けた

激闘の過程に起こった魂の救済計画だったのです。

彼女は、肉体を持った光りの天使だったんです。

というさわりを書いて、もうおしまい。

はあ~簡単だ(笑)

でも読者はつまらないだろうと思う。

だからもう少し書きましょうかね。

想い出すのは、桜花爛漫の公園に座り、

春風の中で彼女が告知したその内容は、

心臓が停まるようなものだった。あまりに

もったいなくて、読者には教えられない。

と言いながら、その彼女の告白は、

「あなたを救済するために生まれてきました。

あなたと居ることは、地獄の中でも幸せです」

だった。

あの彼女とそのおばあちゃんは、過去世を

想い出していて、そのことを知っていました。

しかし、四年間の幸せな蜜月は、妨害されて

壊れました。心臓をもぎ取られた人間のように

日浦はこの時も死にました。肉体は。


僕が限界無く炸裂するその期日は、あの告知を

聞いたあの桜花爛漫の時季が望ましい。本当は。

僕が際限なく炸裂する日が近いと告白したことは、

弟子たちにとって、想像もつかないショックだ。

それは、静かにブログを読むだけの読者にも大きな

ショックを与えていることが僕には分かります。

ヒーリングセミナーを受けようか、と考えた人達

でさえ、退いてしまった人がいるのですから。

押し寄せてくる波も、退いてゆく波も、気ままに。

深海の底は、波を知らず。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表:日浦祐次

Author:代表:日浦祐次
職業・建築家
東京都西新宿在住
事務局担当:長野匡也

身体内に閉じ込められて、
無数の条件付けに束縛された
人間としての私たちを

本当の自由へ導くための真理が
多くの偽り情報に覆われ、
真実は覆い隠されているのだと
聖典類に書かれてあります。
それゆえ、この世界は、マジック
ショーなのだと言うのです。

無数の束縛と無知という覆いを
取り去った裸の真理は、
求める人達に正しく提供される
べきであり、その目標へ到達する
正しい知識と方法を伝えることが
求められているという思いから、

「サハスラーラ新宿」
瞑想スクールを始めました。
http://sinnjyuku-saharsra.jimdo.com/

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2393位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
387位
アクセスランキングを見る>>
スピリチュアル
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。